0コメント

【マネーの虎】〇〇〇〇〇でフィニッシュです。

【オーレ】

おはようございます。
今日は太陽より早く午前3時に起きた、オダジバガマックスオーレです。

起きるの早すぎだろ!ですね。
ジジイでしょうか。ジジイ以上でしょうね。
調子がいいんでしょうか。いいんでしょうね。気にせず行きましょう。

「マネーの虎」という番組をみなさんは知っているでしょうか?
マネーの虎.JPG
2001年~3年間放送された、約17年も前の番組になります。
この番組には、世間的に成功者と呼ばれる”億”を稼ぐ社長(虎と呼ぶ)が数人登場し、投資を受けたい志願者は事業計画をプレゼンテーションし、希望の額(資金)を獲得しようと奮闘する。
虎たちは、この志願者に出資の可否を決定するという番組でした。
司会者は、吉田栄作さん。
時代を感じますが、今見てもすこぶるおもしろいです
現在、Youtubeで検索すればこの番組を見ることが出来ます。(おすすめ!)

17年前は野望も夢も特になく、、、今のオダジバガマックスが創られる前の前の前々の、ジュラ紀、白亜紀、恐竜の時代か。(・・・・・)
オダジバガマックスの使命を感じていない、目標ゼロ、情熱ゼロ、潜在能力を信じていない時代。
しかし、そんな時代もあったおかげで現在のオダジバガマックスが生まれ、毎日の活動を支える力がついたとも言えるのだが。(グッジョブ!)

時代は、『肩書きで勝負する』時代から、『名前で勝負する』という時代に完全に切り替わっている。
会社というちっちゃな世界で通用していても、会社から離れると何の力も出せない(無い)人にはなりたくないだろう。
私達が生きる現代は、圧倒的に個のパワーをフル活用した人が支持を得る時代なのだ。

己の無力さを知ることから全てが始まる。
『己の無力さを深く自覚する』素直に学んで、努力して、教えを請うて、行動する
人に何を与えられるかを考え続け、進んでいくぜ。
行けばわかるさ、バカヤロー!!!(久々出たよ、決めセリフ!)

さて、
オダジバガマックスが、もしマネーの虎に出ていたならば、、、
きっと吉田栄作さんにこう言われていただろう。
「ノーマネーでフィニッシュです。」

ノープロブレム!今日も一日、元気に活動しましょう
虎になるのだ.JPG
◆虎ダァ~!!この番組に出てみたい。
「マネー成立です。」あ、ありがとうございます!

この記事へのコメント