0コメント

【格闘技のある生活】3人のモンスターが揃い踏み

【ファイヤー】

こんばんは。
シネマに格闘技バカ呼ばわりされた、オダジバガマックスファイヤーです。

ファイヤーは月に1,2度しか「秀晃道場」に通わない。というか、残念ながら通えない。
そのため実際、シュートボクシングテクニック(上達)のスピードはモンスター級にのろい。(きっと)
とある事情で「通えない」のであるが、この点はファイヤー自身が納得していることなので。
そう、格闘王ファイヤーは滅多にお目にかかれないレア感ありありの忘れられそうな道場生なのである。(立場がややこしい)

時を同じくして、この日「秀晃道場」へやってきた男がいる。
宮城、いや東北アマチュア界のモンスターとの噂がある男を紹介しよう
白のグローブ(何かのサインが書き込まれ)を付け、試合では未だに負けたことがない無敗の男の名は、、、
只今、ニックネーム募集中!(今度、かっこいい名前を決めましょう)
同世代の格闘王ファイヤーの噂を聞いて来たのかもしれません。...不不不...(カサンドラ?仙女の匂いが?)

一緒の練習で汗を流し、至福の時間を過ごしました。
マススパーリングでは、全くパンチが当たりませんでした。そして、ボコボコにされました。(こてんぱん)
ファイヤーはまだまだマスをやるレベルではない。基本練習をあと3年くらい続ければ何とか格好がつくかもしれませんね。(石の上にも三年)
道場での修行は続く。あー楽し。

時を同じくして、この日「WBA世界バンタム級タイトルマッチ」がありました
3階級制覇を達成した井上尚弥選手がバンタム級に階級を上げたのはきっと、ファイヤーと戦うためだろう。(お決まりの流れになってきた)
王者・ジェイミー・マクドネル戦は、ウォーミングアップといったところか。
ファイヤーは、道場から帰って録画を見ました。

王者 ジェイミー・マクドネル VS 同級2位 井上 尚弥

ファイヤーのマス時間より短い時間で終わってしまったではないか。強すぎる。衝撃だ。まさに鉄板モンスター

よっ!待ってました!
オダジバガマックスファイヤー VS 井上尚弥
「見たくないっすか?」

このカードを聞いただけでワクワクするのは、己だけ。
今日も布団に入って夢でも見よう。。。

TEKKEN4.JPG
次回より、「秀晃道場」の宣伝を本格スタートだ

格闘技のある生活は、、、続く・・・。

モンスターダァ~!!ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)楽しみです!
↑ ランキングに参加中、井上尚弥選手、国内最速3階級制覇おめでとうございました!

この記事へのコメント