0コメント

映画「ジオストーム」

【シネマ】

こんばんは。
人類と地球を救うための一大プロジェクトに参加せよ!オダジバガマックスシネマです。

ここ数日めっぽう寒い日が続いていますね。
インフルエンザも流行してますし、通勤電車の遅れに巻き込まれた人もいますし、道路の真ん中で滑って転んで尻もちついておケツが痛い人もいますし、この寒さによる影響が各地で発生しています。

最近の異常気象、そして頻発する自然災害。
この深刻な事態に世界はひとつになり、「気象コントロール衛星」を開発。
世界の天気は精巧なシステムで完璧に管理されていたが、、、ある日突然、衛星が暴走を始める・・・

ジオストーム.JPG(ネタばれがあるかもしれませんので、ご注意を!)

解説が現実とごっちゃになってしまいましたが、この映画には、最初から最後まで次々といろんな要素が詰め込まれています。
氷点下の世界(マイナス40℃くらい)では、バナナで釘を打ったり、バラの花もパキパキと砕けてしまうところは見たことがあると思いますが、この映画では、人間が「ぽきっ」ってなります。
天候の話だけじゃなく、いろんな思いが交錯する人間模様も描かれています。
ハッピーエンドなのか、バットエンドなのか・・・、、、

是非、劇場でご覧ください

最後に。
便利なシステムに頼るのもいいですが、不具合が発生したときにどうするか、無くても困らない方法を確立(はっきりさせておく)しておくことが大事です。「俺、知らね!」じゃ、すみません。
映画「ジオストーム」では、開発した科学者に頼ることになりましたが、その人がいなかったら・・・よく考えましょう。
日本にもなんかありますよね。手に負えないコワいものが。他人事と思わないで本気で考えるべきであーる。
シネマは考える。これからも。

暴走ダァ~!!この国はウイルスに感染しているのだろうか、いないのだろうか。
↑ ランキングに参加中、ウイルスに感染すると暴走します。




この記事へのコメント