0コメント

第44回大河原クロスカントリー大会~完全アウェイの初参戦~

【ステイヤー】

こんばんは。
お決まりの筋肉痛が発生してます、オダジバガマックスステイヤーです。

<11月23日>
大河原公園多目的広場を発着とする「第44回大河原クロスカントリー大会」に初参戦して参りました。
歴史ある大会のようでしたが市外からの参加者は少なく、市内の小中学生がほとんどで、その保護者のみなさまと市内関係者で埋め尽くされ、なんとなく他の大会では感じないアウェイ感覚でした。
沿道からの声援は、ほぼにゃい。ゼロに近いです。それもそのはず、河川敷の土手と河原をたまに上下し、走り続けます。
河川敷を歩いていたおばあさんは、ステイヤーの荒ぶる呼吸音を聞いたはずですが、何も言わず目も合わさず、通り過ぎていきました。(散歩だろ!笑)
大河原クロスカントリーキャプチャ.JPG

招待選手の「鈴木澄子」さんが一緒に走りました。
明るい笑顔が印象的でした。一線を退いてからは、選手の指導をしながら、教育者の道を目指し猛勉強中だそうです
スタートして、数分後には見えなくなりました・・・
鈴木澄子.JPG

天候は、曇り。
雨を覚悟していたのですが、日頃の行いが良いので…(?)。

クラブメンバーと合流しましたので、ウォーミングアップでコースを確認っ!
あの~(最終コーナーと言える)市道から公園に入っていく道路に誘導員がいないのですが、、、本番はいるだろ?と思って見てみると、いませんでした。。。
初めての知らないランナーは、曲がらずに真っ直ぐ行っちゃうよ~!!!
市内の大会らしく、とてもゆるーい感じが・・・いいかもね??

さて、参加したクラブメンバーは「いつでも、どこでも、本気を出す!」走りで健闘し、入賞しました~
蛍光オレンジTシャツ(七転八起)すごい遠くからでもすぐわかったぞ
◆小学5年女子1.5km <1位> スゴイ!!
◆中学生男子3km <3位> スゴイ!!

そして、ステイヤーは少人数のプレッシャーの中、スタートを切る・・・
今回も、わたり復興マラソンで究極の走りを求めて繰り出した「ミッドフット着地走法」で挑むが、コースのほとんどが足場が悪いコンディションだ。土手には石ころが転がり、河原には地雷のように水たまりが・・・。これがクロスあかんトリー~~~・・・「もうどうでも良し」
【結果】<一般男子30歳以上5.5km>
タイム:27分33秒
順位:16位/26名中

孤独な戦いの中、唯一の救いはクラブメンバーの声援であった。(3つ)
激闘を終え、ゴーーール
ゴール前で、カメラを構える元会社の同期がおった。(地元の民、突然登場!)
「なんか、ステイヤーの風貌の人が走っているな~と思って。」
よくぞ、気が付いたな~。
しかし、その撮った写真はどうすんだ?お前は、撮りステか?(ステイヤーのステ)

こうして、ステイヤーのクロスカントリー初参戦は幕を閉じたのだったーーー。


帰りには、こちらも初めて、
柴田町にある「情熱食堂」に立ち寄り、「炒め野菜味噌ラーメン」(野菜炒めがドッカーン”500g”のっている)を食らいました。が、、、隣で注文した方の「唐揚げ定食(何バージョン?)」は、なんなんでしょう?分量間違い?5人前?お相撲さん?日馬富士?暴食反対?というくらいの超絶大盛にガン見してしまいました。(一部、意味不明な点はご了承願います)
情熱食堂.JPG

クロスカントリーダァ~!!「道」にはいろんな道がある。山あり、谷あり、越えると思えば越えられる。
↑ ランキングに参加中、情熱があれば、食べきれる!?

この記事へのコメント