0コメント

お前のボトルは俺のボトル~禁断のジャイアンシステム~

【フナオー】

こんばんは。先週末チビ①号の陸上大会に行き、雨に濡れ、寒くて、恋人も濡れる街角になったオダジバガマックスオーレです。(何?歌うの?)

同じく先週末に、青森から久しぶりにある男が来仙した。
そう、オーレと共にサッカーと酒と(?)に熱くなった仲間だ。
オダジバガマックスフナオー

思い出のコクブンチョウで熱い酒を酌み交わし、近況報告と、「お店」の話や、なんやかんやで楽しい時間を共有してきたわけだ。(心配すんなよ!)

ボトルキープ.JPG

フナオーのボトルは、誰がどう見ても、オーレのボトルじゃないのだが、いつの時代(とき)からか、フナオーがいなくても、オーレがカウンターに座れば、フナオーのボトルが黙っていても出てくるシステムになっている。

前回、ボトルを空にしていたので今回はオーレが・・・と思っていたのだが、違うボトルが出てきた。(ボトル何本入っているのだー?フナオーよ!)

いつぞやは、店で一番MAX高級なボトルが入っていたことがあり、遠慮なくオーレはいただいた。(もちろんフナオーはおりません)

ボトル話はこれくらいにしよう。
というか、今日の話もこれくらいにしよう。


数十年通ったお店は、黙っていても、、、(てんてんてん)の関係になるのだった…


今日も冷たい雨が降っております。恋人も濡れる街角です。(だから、なんで?)


ボトルキープダァ~!!男ならボトルの1本や2本はキープせよ!!いいや、店ごとキープしてみよう!
↑ ランキングに参加中、男は黙ってロック!



この記事へのコメント