0コメント

自己革命戦士・オーレ~プロ転向への道?~

【オーレ】

こんばんは。オダジバガマックスオーレです。

1月20日、福島千里さん(陸上・女子短距離)がプロへ転向しました
福島千里.JPG
リオデジャネイロ五輪で活躍した日本のトップアスリートの「プロ転向」が相次いでいます。
内村航平さん(体操)のプロ転向に続き、ケンブリッジ飛鳥さん(陸上・男子短距離)もプロランナーとなりました。そして、萩野公介さん(競泳)もプロスイマーとして活動するという。
すばらしいみなさんたちだ
プロとして是非、成功して頂きたいと思うし、できると思います

オーレの場合、とあるサラリーマン。プロにはなれなかった感があります。出世している訳でもないし、誰にも負けない技術があった訳でもない。輝いていない輝けない場所だったかな。こうでなければいけない。こうあるべきだ。いい加減だなと言われることに違和感があった。楽しくないから我慢だった。これが好きなこと、楽しかったら我慢という言葉は出ないのだろう。(我慢は体に毒なのよっ)
最近のオーレは、残業をしない。
そう、今のオーレには残業する暇はないので、時間内はオーレ風に仕事をし、誰がどう思おうと時間がきたら帰路につく。(電通でやってみたかったね。その前に就職できませんけどねー)
そんな毎日を送っている。
ただ、オーレ風に25年間、継続してやってきたことだけは誇りとしよう。
今夏は晴れ晴れとした気持ちで卒業できるように日々過ごしている。
(解散してしまいましたが、SMAPも25周年でしたかね?ある意味プロフェッショナルなグループでしたね)

今後の仕事は、オーレのサッカーのプレースタイル同様に自由にやれる空間がないとダメである。所属したチームでは、自由にやらせてもらえたから力以上のものも出したし、強敵にも渡り合える自信があった。やれないと思ったらそれまで(負け)なのさ。まずは、好きでやること。やりたくてやることだ。
*************************************************************
最大の自由とは、自分の意志で進むべき道を決めること。
本当の楽しみとは、自分の責任でリスクを犯すこと。
挑戦をすること。不安定だからこそ楽しみがある。

*************************************************************
上記の言葉は、いいですね。
今夏以降は、自由があるぶん責任もあるオダジバガマックス道を進みます。
オーレ.jpg

自分でプロです。と言えるのは、前述したトップアスリートのみなさんだけ。
人から「あの人(オーレ)は、なになにのプロだよ」と言われてはじめて、プロになれると思っている。
よっしゃ、また気持ちが燃えてきた~夢の実現まで、定期的にスパイスが必要です。

今日は「プロ転向」というニュースを聞いて感じたことを書きました。


自由と責任ダァ~!!プロに転向するのではなく、プロと呼ばれる男になる!
↑ ランキングに参加中、応援ポチッとやってくれ。




この記事へのコメント