0コメント

オダジバガマックスのすべらない話②~天気予報録音事件~

「人は誰も1つはすべらない話を持っており、そしてそれは誰が何度聞いても面白いものである。」
かどうかはわかりませんが、
オダジバガマックスのすべらない話を聞いて元気になってください。(連日サービス)

伝説の下宿、「立花荘(たちばなそう)」 での話をもう一つ。
すべらない話②.JPG
オダジバガマックスのすべらない話②

下宿生はたびたび、おばさんたちを囲んで麻雀や飲み会を開いておりました。一気飲み全盛期時代です。
その席でのこと、オーレとは別の大学でとても優秀な「N川」先輩がおりました。
「N川」さんは、メガネを外すと数センチまで近づけないと見えない超ド近眼(メガネをかけていても同じような…)
麻雀パイを顔面に近づける姿が笑えます。(まるでコントです)
「つかんぽ~ん!」「どぅわぁおおっ!」リアクションもおもろいです。
その「N川」さんが、〇時になったら、ちょっとラジオ録音してくると言っていました。
BillyJoel(ビリー・ジョエル)の特集だったと記憶しています。
時間になり、すでに出来上がった感のあるN川さん、フラフラになりながら宴会部屋を出て行きました。
(かなりの時間が経過)「おい!N川は?呼んでこい!」
オーレが、ずっと忘れ去られた存在になっていたN川さんの部屋に行くと、、、
コンポの前で力つきたのか、くの字に横たわり、ピクリとも動かないN川さんがいました。ウケる…。
「大丈夫っすかーーー!N川さぁーーーーーん!!」
絶命したのか・・・口からは、血?・・・ではなく、未確認不明液体を飛ばしている。(黒っぽい、色おかしいべ!)
「被疑者死亡」笑。。。
ラジオから流れていたのは、「明日の天気は晴れー・・・」てっ天気予報を録音している(爆)
お笑い事件だ!・・・笑いが止まらず、静かに部屋の戸を閉めて、宴会部屋に戻る。
お笑い救急隊出動ぉぉぉ!
「オオォ~ネスティィィィ~~~」(ビリー・ジョエルの歌です)みんな大合唱で部屋へ向かったのだった。
この事件は、「天気予報録音事件」として語り継がれている。

日本酒注入ダァ~!!飲めぬ下戸にはヤキ入れて~付き合い程度じゃ許さずに~ビール焼酎ウイスキー~おちょこコップに鍋のふたやかんに灰皿学生帽~酒さえ入れば、クリック!クリック!クリック!クリック!クリック!クリック!クリック!クリック!


この記事へのコメント