0コメント

【自作ビデオ】~BE WIND~(風になれ)

こんばんは。オーレです。約束の自作ビデオを・・・どうぞ。
ラストシーン.JPG※画像と内容は関係ありません
【タイトル】BE WIND
【オープニンングテーマ】「KISS IN THE MOONLIGHT」(UP BEAT)
【エンディングテーマ】「輝きながら・・・」(徳永英明)
【登場人物】

「てっつ」:主役である。陸上部で高校長距離界のエースだが、前回大会で最強のライバルに敗北を喫する。高校最後の大会でリベンジに燃える。
「シンゴ」:てっつ最大のライバル。切れ長の目で挑発を繰り返すヒール役。近代機器を使用し、強靭な肉体を作り上げる。
「ミワ」:クラス人気No.1。美少女。てっつとどうなるの?
「友人」(複数):オーレ。名前は無し。部室でくだらないギャグを連発し、元気の出ないてっつを盛り上げようと奮闘する。最後の大会にも出場してスタントマン的活躍が・・・
【ストーリー】
物語は、ナレーションから始まる。登場人物の説明だ。
ここで、「シンゴ」が一輪のバラをくわえ、カメラ目線でにらみを効かす!ハズだったが準備出来ず、撮影現場の河原に咲いていた「弱々しい黄色い花」(半分しおれていた)を一本くわえ、にらんでいる姿がウケた。
河川敷での練習中に「ブチッ!」っと脚にケガを負う「てっつ」。(アキレス腱切れたら、無理だろうの世界)何とかケガは治るが、弱気の虫が騒ぎだす。友人らが何とか盛り上げようとするが不発・・・(←ここで未来の銀幕スター、オーレ登場!)
しかたなく、てっつと微妙な関係の美少女「ミワ」にお願いするが、、、それでも、、、
てっつの女々しい態度に「ミワ」は怒り、教室を飛び出す!、、、階段を踏み外して大けがする羽目に。
ミワさんの悲鳴にちょっと笑いが入っていたのが良かったな。
意識が戻らないミワに付き添う「てっつ」。大会までのタイムリミットがせまる。ミッションインポッシブルだ!
そして、つっついに、ミワの意識が戻る。ぼやけた映像からピントが合ってくる。
てっつの顔ドアップで、、、「ミ、ワ・・・」(つぶやく)、、、
観客、気持ち悪くて大爆笑である。
「ミワ」が一言。「勝って・・・」ロッキーのテーマが流れ出す。
うぉぉぉぉぉ~りゃぁぁぁぁ~握りこぶしのアップ!「てっつ」は覚醒する。特訓開始だ!タイヤ引き、階段上り、こんな原始的な練習でいいのか状態の「てっつ」と
近代機器を使ってコンピュータを駆使した科学的トレーニングを積む「シンゴ」、バックミュージックには、ロッキー4、[War/VINCE DICORA]が流れる。
交互に練習風景がシンクロする。
そして、音楽もクライマックス、逆光の中、長い長い階段を上りきる「てっつ」、
そして両腕を上にして、、、「シンゴォ~~~」!!ライバルの名を叫ぶのだった。
音声は、やまびこ風にエコーをかけたかったが、そういう技術が無かったので、
「てっつ、声でやって。」
「シンゴォ~~~シンゴォ~~シンゴォ~・・・」だんだん小さい声にして連呼してもらった。まぬけな感じが笑いを誘う。
ガッツポーズ.JPG
そしてついに最後の大会、決戦だ!!
陸上部のユニホームに合わせ、オーレはこの撮影のためにタンクトップを購入、なんとまだ持っている。(もうすぐ30周年、博物館か)
ここで、友人役「オーレ」の最大の見せ場がやってくる。
大会のコースは、高校の外周コースで撮影が行われた。田園風景も入る、のどかな場所だ。
高校の前には、ちいちゃな川というか、ドブ川が流れていた。
このドブ川にスタート直後に押されて落ちるというスタントシーンなのだ。
落下距離は2m弱か、川も浅い、大した事はない。ワクワクする。
落ちる場所をこっそり確認する。NGは許されない。
スタートシーン号砲と共に、エキストラのクラス男子が全員一斉にスタートする。
スタートすると、後ろからの撮影となり、約束通り、押されて落ちた。(一応、アクション演技付き)
映像では誰が落ちたかわからない。
ザッブゥアァァ!!水しぶきがあがり、ギャラリー(女子生徒)が知らされていないサプライズ演出に黄色い悲鳴が上がる。
「キャァ~~」「ギャァ~~」「アハハ~~」と生の声が入る。成功だ!!
ジャニーズばりの悲鳴を背に浴びる。(意味合いがまったく違うが)
オーレ渾身の一撃だった

本題に戻る。
スタート前、「てっつ」は「ミワ」から勝利のお守り(ネックレス)を受け取り身に着ける。
そして、例のスタートシーンからの~途中、細かいギャグ(ここでは割愛)を散りばめながら、レースは進む。
ついに2人の勝負となり、デットヒートが続く。
折り返し地点に差し掛かったところで、「やっぱりアイツは速い・・」と転倒してしまう「てっつ」。
そこでお守りのネックレスがちぎれ、道路に落ちる(スローで転がる)。震えながら握りしめ立ち上がる。
「シンゴ」は独走。ここから「てっつ」の逆襲がはじまる。
ロッキー3主題歌、[EYE OF THE TIGER/SURVIVOR]が流れ、猛追する「てっつ」。逃げる「シンゴ」。
残り数キロ、超人的スピードで追い上げ、シンゴの背中が見える。ラストの直線でシンゴを捕らえる。
短距離か!という感じだ。
映像がスローになる。わずかの差で「てっつ」がゴールする!勝った!!。。。
そして・・・大観衆(クラス全員)が押し寄せる中、その先に「ミワ」が立っている。
観衆を掻き分けて歩み寄る「てっつ」。台本ラストは、抱きしめて終わりだった。
(撮影をクラス全員で見守る)

「数センチ手前で止めろ~。」・・・寸止め指示が出る。
徳永英明の「輝きながら・・・」が流れる中、感動のエンディング・・・

【完】

感動の抱擁シーンは(残念ながら寸止め)、スローからの静止画像で上映は終了。
みんなから、「あぁ~~」と微妙なため息まじりの声が上がりました。満員御礼
快く(?)出演してくれた「ミワ」さん、お疲れ様でした。みんなの思い出になりました。ありがとう!!

「BE WIND」全編が見たい方はご連絡ください。VHSビデオテープで保管しております。
今では、オーレも見られなくなってます・・・


闘魂注入ダァ~!!上映したら観に来るかい?DVDに焼いてくれ!


この記事へのコメント